読んで安心!税務調査に強い税理士まるわかりWEB » 知っておくべき!税務調査の対策【応用編】

知っておくべき!税務調査の対策【応用編】

税務調査を無事に終わらせるために有効な具体的対策について解説しています。

これで安心!税務調査で気になるポイントと対策

税務調査を納得できる結果で終わらせるためには、事前の準備や当日の調査官のとのやりとりが非常に重要になります。そこでこんな時はどうすべきかというポイントを中心に、税務調査対策についてまとめました。

不用意な対応では大損する?

税務調査の対応でやってはいけないことはその場しのぎの曖昧な回答です。不自然な態度は不正を疑われて調査が長引くばかりです。またグレーゾーンの処理を正当なものであると証明できるかどうかが調査結果を左右します。

>>「不用意な対応では大損する?」を詳しく見る

交渉で金額は変わるのか?

税務調査で交渉を全くしないで指摘をすべて受け入れてしまうと、本来納めなくてもよい税金も納めることになります。明らかなミスは別として、根拠があまり明確でない指摘に対しては交渉することで納税額はかなり変わってきます。

>>「交渉で金額は変わる?」を詳しく見る

指摘に納得できない時は?

税務調査で指摘に納得できない場合は、修正申告をしないで更正処分通知を待ちます。更正処分にも納得できない場合は異議申立てをして、棄却や取り消された場合は審査請求をします。最終的には税務訴訟に持ち込むことも可能です。

>>「指摘に納得できない時は?」を詳しく見る

調査が入る基準は?

税務調査は売上・利益が急激に変化したり、多額の特別損失・利益を計上していると入りやすいと言われています。最近では売上が低くても調査に入ることがありますので、日頃から正しく帳簿を付けて書類管理をしっかりしておくことが重要です。

>>「調査が入る基準は?」を詳しく見る

調査に入られない方法はある?

絶対に調査に入られない方法はありませんが、税理士が適正な会計処理と申告をしているという書面を提出する(書面添付制度)と、税務調査の確率は低くなります。税務署が調査前に担当税理士に意見聴取を行い、そこで調査の必要なしとなることがあるからです。

>>「調査に入られない方法」を詳しく見る

調査されやすい業種は?

税務調査が入りやすいとされているのは、不特定多数に現金商売をしていて売上操作がしやすい飲食業やパチンコ業などです。また報酬の支払いが不明瞭な土木業や最近ではネット関連事業に対し税務調査を強化しています。

>>「調査されやすい職種」を詳しく見る

個人事業主にも調査は入る?

個人事業主であっても税務調査は入ります。売上が1,000万円を超えると入りやすいと言われますが、税務署はデータベースで申告内容を分析していますので、売上に関係なく不自然な申告をしていれば十分税務調査の対象になります。

>>「個人事業主にも調査は入る?」を詳しく見る

税務調査の対象になりやすい事業について解説

こちらでは、税務調査の対象となりやすい事業や企業はどういったタイプであるかについて解説しています。

中小企業だから目をつけられないだろう、売上が小さいから対象とはならないだろうと考える人も多いようですが、調査対象となる要素がある企業は、事業内容の大小に限らず対象となる場合がありますので注意が必要です。

>>「税務調査の対象になりやすい事業について解説」を詳しく見る

税務調査で指摘される?延滞税の対策法とは?

延滞税は税務調査で課せられる罰金の1つ。納付の申告遅れや申告内容に誤りがあった場合に発生するもので、延滞すればするほど額が大きくなっていきます。特例処置が適用される場合や最小額に抑えるポイントがあるため、対策法を把握して税務調査に臨むのが得策です。

>>「税務調査で指摘される?延滞税の対策法」を詳しく見る

税務調査で指摘される?過少申告加算税の対策法とは?

過少申告加算税は税務調査で申告漏れがあった場合にペナルティとして加算される税金です。法改正によって今後の税務署からの指摘も増えていくことでしょう。故意の脱税でなくても引き起こす可能性が高く、日ごろから対策が必要な項目です。

>>「税務調査で指摘される?過少申告加算税の対策法」を詳しく見る

税務調査で発覚しやすい無申告加算税と対策は?

申告をしていなかった場合に加算される無申告加算税は、税務調査が入って初めて発覚することがあります。悪質なケースと判断されると加算税や重いペナルティを受けることになるでしょう。すぐに対処することで加算税が課されない場合もあるので是非チェックしておいてください。

>>「税務調査で発覚しやすい無申告加算税と対策」を詳しく見る

税務調査で最も怖い?重加算税の説明と対策

重加算税は脱税の疑いがある場合に課せられることになる最も重いペナルティです。申告漏れや経理の入力ミスによって脱税が疑われる場合も。脱税と無縁と思っていても誰でも引き起こす可能性があります。

>>「税務調査で最も怖い?重加算税の説明と対策」を詳しく見る

ネット収入専門の税務調査官もいます!

これまで税務署はIT関連に疎いといわれていました。

しかし最近では「情報技術専門官」という専門家が税務署に配属されたので、ネット事業についても税務調査が入ることは多いにありえます。

こちらでは、情報技術専門官の特徴や、事業に対して情報技術専門官が注意しているポイントについてまとめています。

個人でネットビジネスをしている人なども対象となりえますので、ぜひ参考にしてください。

>>「ネット収入専門の税務調査官もいます!」を詳しく見る

税務調査のココが知りたい!反面調査ってなに?注意点は?

税務調査には「反面調査」という手法があり、調査対象者の取引先に対して実施されます。

取引先との今後に大きく関係してきますので、いつ反面調査の対象となっても適切な対応ができるように、ここできちんとチェックしておきましょう。

反面調査に入られても、すべて言うとおりにしなければならないということはないので、応対についてのポイントも参考にしてください。

>>「税務調査のココが知りたい!反面調査ってなに?注意点は?」を詳しく見る

税務調査で指摘されやすいことはこれ!いざという時に慌てないために

きちんと税金を納めていても、急に税務調査が入るとなると不安になると思います。 帳簿や各種書類についても細かくチャックされてしまうので、うっかりしたことで追加徴税となるような事態は避けたいところ。

いざ税務調査が入った時に慌てずに済むよう、調査において指摘されやすい点と対策を事前にチェックしておけば安心です。

>>「税務調査で指摘されやすいことはこれ!いざという時に慌てないために」を詳しく見る

税務調査で節税が認められるかどうかのポイントは?

事業を運営するにあたり、できるだけ節税対策はしっかり取りたいもの。

しかし税務調査で節税対策が認められなければ、脱税扱いにされてしまう可能性があります。

ここでは、税務署が節税対策として認めているものについて解説しています。

こちらの情報で迷ってしまった場合には、税務調査に強いプロに相談して指示を仰ぐというのもひとつの方法です。

>>「税務調査で節税が認められるかどうかのポイントは?」を詳しく見る

適用されると損をする?税務調査の推計課税とは?

帳簿などを紛失してしまった際に課せられる可能性がある「推計課税」。

推計課税はどのような場合に課税されてしまうのか、推計課税を防ぐにはどういった点に気をつければよいかということを、こちらで解説しています。

まずは帳簿をしっかりつけてきちんと保管しておくことが基本ですが、もしもに備えて帳簿の管理をプロに依頼すれば安心です。

>>「適用されると損をする?税務調査の推計課税とは?」を詳しく見る

税務調査官とはどのような人?

ここでは、税務調査官というのはいったいどんな職業なのか、という点について解説しています。

税務調査官になるために必要な研修や、職務にノルマはあるのか、また税務調査官はどんな点を中心にチェックしているのかなどを理解しておくと、今後の税務調査が発生してしまった際の対策に役立ちますので、ぜひ参考にしてください。

>>「税務調査官とはどのような人?」を詳しく見る